なりたい自分探し

admission-07大学院は、学部にてそれぞれの学問分野を一定レベル以上修めた人が、さらにそれを深める研究活動を行う場です。研究とはそれまでの受身の勉学とは大きく異なる能動的な活動です。各分野のスペシャリストである教員と協力し,これまでに身につけた学問と情熱を武器に道なき道を行くことにより、研究者・技術者として活躍するために欠くことが出来ない知恵や技術を修得できるでしょう。

 

文部科学省の支援する3つの研究プロジェクト

admission-08
ハイテクリサーチサンター整備事業
メンバー:米田 稔教授
admission-09
学術フロンティア事業
メンバー:金子 敏明教授、宮川 和也教授
admission-10
オープンリサーチサンタ-整備事業
メンバー:
蜷川 清隆教授、豊田 新教授

大学院生への研究支援制度

  • 特待生制度
    優れた資質を有する学生の大学院進学・研究継続を補助するために、大学院入学試験成績における上位半数の進学者の授業料を半額免除しています。
  • 飛び級入学制度
    特に優れた資質を有する学生が早期に研究活動を開始できるように,大学院一般入試を3年次に受験して,3年次修了後4年生を経ずに直接大学院へ進学することができます。
  • ティーチングアシスタント(TA)制度
    学部教育の充実と大学院学生への教育トレーニングの機会を提供するとともに、これに対する手当ての支給により、修士課程学生の処遇改善の一助を果たしています。
  • リサーチアシスタント(RA )制度
    研究支援体制の充実ならび若手研究者育成・確保を促進するために、優れた博士課程在学者を研究プロジェクトの研究補助員として参画させ、学術研究の一層の促進を図っています。
  • 岡山理科大学大学院学術研究奨励制度
    本学大学院生の積極的な研究活動を奨励し、学術研究の促進を図るために、各種学会等出張または研究発表、他大学や研究機関等の施設利用、野外実習等の研究活動に参加する者に対して、掛かる費用に対する補助を行っています。
---