臨床工学技士

臨床工学技士

★臨床工学技士とはどんな仕事か?

「臨床工学技士」は、医療チームの一員として、医師の指導の元で医療機器を操作、保守管理するスペシャリストです。

★臨床工学技士は新しい医療スタッフです

1988年に法制化された比較的新しい国家資格で、人工透析装置や人工心肺装置の操作や保守管理を通じて、身近な存在になりつつあり、高齢化社会を迎えた日本では医療介護体制の充実と共に医療現場での工学技術者として注目集めています。

横4×縦2コマ

★臨床工学技士は病院以外で働けますか?

医療機器を開発している企業でも、医学と工学双方の知識を身に付けた人材として渇望されています。

★理学部の「臨床工学技士」は知識が深くなる

理学部では自然現象の奥にある普遍的な法則や原理を解き明かし,自然現象に関するより深い理解を得ることを目的としている.物理学の考え方を身に付けた臨床工学技士を育成しそれにより、今後、医療の現場で起こる問題を解決し臨床工学の新しい発展を導くことのできる臨床工学技士を育成したい。

★医用科学専攻の「臨床工学技士」養成はいつから?

理学部応用物理学科では,2002年4月に,物理学の生体・医療への応用 を目指して医用科学専攻を新設し、臨床工学技士の養成を開始しました。これまでに、約150名を超す臨床工学技士が巣立ちました。

★臨床工学技士に物理学が必要ですか?

今日の医療技術の飛躍的な発展には,力学,電磁気学,流体力学といった古典的な物理学だけでなく,相対論,量子力学,物性物理学,統計物理学といった物理学の発展と知識が大きくかかわっています.物理学の考え方を学ぶことにより,医療機器や患者の中で実際に起こっている現象のより深い理解が得られ,より良い医療を提供できる臨床工学技士が育まれます.

ME技術者

第2種ME技術者は第2種ME技術実力検定試験を合格することにより与えられる称号であり,合格者は医療機器についての基礎知識を有していると見なされます。この称号を有している学生は医療機器関連企業への就職が有利になります。
また,その上位の「第1種ME技術者」は第1種ME技術実力検定試験を合格することにより与えられますが,かなりの難易度であり,まだ全国でも400人程度しかいないため,大学生のうちにこの称号を取得できれば,就職にかなり有利になります。

リンク

詳しい進路情報については、こちらをご覧ください。

---