カリキュラム(物理科学専攻)

先端分野で活躍するには、基礎・基本をしっかりと修得し、教養を深めつつ複数の専門分野におよぶ知識が必要です。そのため、応用物理学科の特色を生かした幅広い基礎科目と充実した専門科目を4年間を通じて履修できるように教育カリキュラムを用意しました。1~3年生で修得した基礎知識をベースとして、4年次には大学生活の総決算となる特別研究や臨床実習を履修します。

カリキュラム

1年次

  • 物理学入門
  • 質点の力学I・II
  • 微分積分学I・II
  • 線形代数学
  • 応用数学
  • 基礎電磁気学I・II
  • コンピュータ入門I・II
  • 解剖学
  • 医用工学概論
  • 医学概論・公衆衛生学
  • 物理学基礎実験
  • 化学基礎論
  • 化学基礎実験
  • 生物学基礎論
  • 生物学基礎実験
  • 地学基礎論
  • 地学基礎実験
  • 地球型惑星の歴史と物質科学
  • 入門数学
  • 入門物理
  • 入門化学
  • 入門生物

2年次

  • 情報処理工学
  • 機械工学
  • 電子工学I・II
  • 電気工学概論
  • システム工学
  • 物性工学
  • 応用電磁気学
  • 電気・電子工学実験I
  • 物理数学I・II
  • ベクトル解析・解析力学
  • 剛体の力学
  • プログラミング
  • 量子力学の基礎
  • 熱力学
  • 熱統計物理
  • 教職基礎演習
  • 教職のための物理

3年次

  • 材料工学
  • 計測工学
  • 量子力学I・II
  • 放射線物理
  • 量子物性
  • 応用物性
  • 低温物性
  • 物性物理
  • 応用物理学実験
  • 宇宙科学
  • 相対論と宇宙
  • 素粒子・原子核物理
  • 応用物理学演習
  • 野外実戦指導演習II
  • 理科教材開発指導
  • 授業実戦演習I・II
  • 教職のための化学
  • 教職のための地学
  • 教職のための生物

4年次

  • 特別研究
  • ゼミナール

研究テーマ

原子核理論研究室
陽子、中性子以外の粒子を含む「ハイパー原子核」の構造や、K中間子と原子核との相互作用について研究しています。
量子科学研究室
高速の荷電粒子あるいはその塊(クラスター)が金属などを通過した時、電子にエネルギーや運動量を与える現象について研究しています。
放射線物理学研究室
放射線が物質中でどのような現象を引き起こすかについて、原子物理、原子核物理、電磁気学、量子力学などを用いて明らかにします。
惑星科学研究室
熱変成していない原始的な隕石や、クレータ内鉱物の衝撃効果、生物起源の鉱物などについて調査しています。
地球環境研究室
電子スピン共鳴など物性的な手法を用い、地球環境の歴史を解明する方法を追求するほか、放射線事故における被曝線量を計測しています。
半導体物理学研究室
構成元素の一部を変えれば光特性、伝導性、磁性など多様な特性を示すという半導体の特徴に着目し、新たな半導体の開発を目指しています。
金属物性研究室
高温炉の加熱部材、ヒートシンク材、核融合実験炉用部材など、さまざまな場面で使用されている高融点レアメタルの性能向上や接合技術などの研究を行っています。
超伝導体・材料特性研究室
医療機器、輸送、情報、省エネルギー分野などへの応用が期待されるさまざまな超伝導物質と、その材質特性の基礎研究を行っています。
---