畑中 啓作

教授

畑中 啓作

研究課題:脳磁図を用いた脳の基礎研究と臨床応用

KEYWORDS:脳、脳磁図、てんかん、脳虚血、画像診断

応用分野:医療、超伝導、情報

研究室ホームページ

畑中 啓作

研究の概要

脳磁図と呼ばれる、超伝導磁気センサーを使用して人の脳など生体から発生する磁場を計測する技術をベースに、脳機能解明のための基礎研究から脳病変治療のための臨床応用まで、数学、物理学、工学、生理学、医学といった幅広い手法を用いた学際領域にわたる研究を目標とする。

・脳磁図を用いた研究

1)視覚、聴覚、体性感覚などの脳の基礎機能の解明のための研究 各種の刺激装置、タスクを開発し、刺激を加えたときの脳の反応を、脳磁図の高時間分解能、高空間分解能という特徴をいかして解析する。また、脳外科領域で行われるこれらの刺激を用いた臨床検査の結果を検討し、患者の治療、手術計画などを支援する。(発表論文 (2), (4))

2)認知、記憶などの高次機能の研究  刺激装置、プロトコルなどを開発し、ヒトの脳がどのように外界を認識し、情報がどのように処理され、どのように記憶されるかを解明する。また、研究結果は、教育、高次脳機能障害のリハビリテーションなどの分野で積極的に活用していくことを目的とする。(発表論文 (3))

3)脳外科領域での疾患への臨床応用の研究  てんかん、脳虚血、頭部外傷など脳外科領域における疾病において、臨床医と協力し、よりより医療成果が得られるための脳磁図の臨床応用研究を支援する。(発表論文 (1), (5))

4)超伝導を応用した新しい画像診断システム実現のための基礎研究  低温、超伝導技術を基礎に、超伝導量子干渉素子を用いた新しい医療用画像診断装置の実現をめざす。

発表論文

  1. wasaki M, Nakasato N, Shamoto H, Nagamatsu K, Kanno A, Hatanaka K, Yoshimoto T. Surgical implications of neuromagnetic spike localization in temporal lobe epilepsy Epilepsia 2002 Apr;43(4):415-24
  2. Nakasato N, Itoh H, Hatanaka K, Nakahara H, Kanno A, Yoshimoto T Movement-related magnetic fields to tongue protrusion Neuroimage 2001 Oct;14(4):924-35
  3. Suzuki K, Okuda J, Otsuka Y, Sugawara A, Hatanaka K, Nakasato N, Kanno A, Yoshimoto T, Fujii T, Yamadori A. Judging semantic and episodic incongruity: a magnetoencephalographic study. Neuroreport 2001 Feb 12,;12(2):195-9
  4. Nagamatsu K, Nakasato N, Hatanaka K, Kanno A, Iwasaki M, Yoshimoto T.Neuromagnetic localization of N15, the initial cortical response to lip stimulus. Neuroreport 2001 Jan 22;12(1):1-5
  5. Iwasaki M, Nakasato N, Kanno A, Hatanaka K, Nagamatsu K, Nagamine Y, Yoshimoto T. Somatosensory evoked fields in comatose survivors after severe traumatic brain injury. Clin Neurophysiol 2001 Jan;112(1):205-11

[ 研究室一覧にもどる ]

更新日: 2013年12月27日

---