蜷川 清隆

教授

蜷川 清隆

研究課題: 熱ルミネッセンス、カソードルミネッセンスによる隕石の研究、環境放射線の研究

KEYWORD: 熱ルミネッセンス、カソードルミネッセンス、隕石、ラドン

応用分野: 惑星科学、地球化学的手法による地震の予測

研究室ホームページ

蜷川 清隆

研究の狙い: 隕石の組成、熱変成、衝突変成等を調べ、太陽系形成の歴史を明らかにする。ラドン濃度の時間的変化をから、地震の予測ができるかを調べる。

研究の方法: 色々な隕石の熱ルミネッセンス(TL)・カソードルミネッセンス(CL)をその構成鉱物とともに調べる。更に熱変成、衝突変成実験を行って、熱ルミネッセンス・カソードルミネッセンスの変化を調べ比較する。 大気中、洞窟中、海底のラドン濃度の時間変化を調べる。

教育の狙い: 各研究の面白い点を教え、自主的に実験の計画・実行が行える人材を養成する。また、実験結果をまとめることによって、問題点を明らかにし、次になすべきことの考察ができるようにする。 新しい測定器の開発は、新しい研究分野を切り開くことを体験させる。

教育の方法: EPMA, SEM-CL等、少なくとも1つの測定器に習熟し、信頼ある実験データを出せるようにする。 新しい測定器の開発をする。

最近の代表的な論文・特許・総説・著書・その他

  1. Derek W.G. Sears, Kiyotaka Ninagawa, Ashok K. Singhvi: Luminescence studies of extraterrestrial materials: Insights into their recent radiation and thermal histories and into their metamorphic history. Chemie der Erde – Geochemistry, 73, 2013, 1-37.

  2. P. Gavin, V. Chevrier, K. Ninagawa, A. Gucsik, and S. Hasegawa: Experimental investigation into the effects of meteoritic impacts on the spectral properties of phyllosilicates on Mars. JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH: PLANETS, 118, 65–80, doi:10.1029/2012JE004185, 2013

  3. Kayama, M., Nishido, H., T. Sekine, Nakazato, T., Gucsik, A., Ninagawa, K. (2012) Shock barometer using cathodoluminescence of alkali feldspar. JGR, 117, E09004, doi:10.1029/2011JE004025, 2012

  4. M. Sakamoto, A. Gucsik, H. Nishido, K. Ninagawa, T. Okumura, and S. Toyoda, (2010) Micro-Raman spectroscopy of anomalous planar microstructures in quartz from Mt. Oikeyama: Discovery of probable impact crater in Japan, Meteoritics and Planetary Science, 45, 32-42, doi: 10.1111/j.1945-5100.2009.01003.x.

  5. Kayama, M., Nishido, H. and Ninagawa, K.: Cathodoluminescence Effected by Impurity Elements in Tridymite and Cristobalite, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 104, 401-406 (2009).

  6. Ninagawa K.: Thermoluminescence Sutdy of Ordinary Chondrites., Gucsik, A. (ed.) “Micro-Raman Spectroscopy and Luminescence Studies in the Earth and Planetary Sciences.” Proceedings of the International Conference. American Institute of Physics, Melville, New York, 1163, 250 p., ISBN 978-0-7354-0700-8, ISSN 0094-243X, (2009) 15-31.

  7. M. Kayama, H. Nishido, and K. Ninagawa: Cathodoluminescence characterization of tridymite and cristobalite: Effects of electron irradiation and sample temperature, American Mineralogist, 94 (2009) 1018-1028.

  8. Srivastava A.K., Ninagawa K., Toyoda S., Chakraborty B.R., and Chandra S.: Induced thermoluminescence of X-ray irradiated nanostructured zinc oxide, Optical Materials, 32 (2009) 410-413.

  9. 野村律夫・蜷川清隆・西戸裕嗣:京都府久見浜湾における最近60年間の有孔虫群集の変化が示す海面水位変動の意義, 地学雑誌, 117 (2008) 967-984.

  10. Okumura T., Nishido H., Ninagawa K., and Sakamoto T.: “Cathodoluminescence and Thermoluminescence studies of clay minerals”, Clay Science, 13 (2006) 59-68.

  11. Ninagawa K., Mieda Y., Ueda H., Imae N., Kojima H. and Yanai K.: Thermoluminescence Studies of Ordinary Chondrites in the Japanese Antarctic Meteorite Collection, IV: Asuka Type 3 Ordinary Chondrites, Antarctic Meteorite Res., 18 (2005) 1-16

最近の学会発表

  1. M. Mishima, K. Ninagawa, Y. Tsuchiya, N. Kusano, E. Yoshida, S.Ohgo and H. Nishido (2013) Cathodoluminescence Examination of the Enstatite Chondrite of Y-86004, 36th Symposium on Antarctic Meteorites (NIPR, Tokyo, Nov. 47-48)

  2. K. Ninagawa, S. Fukuda, N. Imae, and H. Kojima. (2013) Thermoluminescence Study of Japanese Antarctic Meteorites XV. 36th Symposium on Antarctic Meteorites (NIPR, Tokyo, Nov. 55-56)

  3. 蜷川清隆, 西山友章, 山本勲, 河野重範, 岡林徹 (2013) 地震予知のための洞窟中、大気中のラドン濃度基礎測定Ⅱ,日本地球惑星連合2013年大会(幕張メッセ、千葉),2013年5月

  4. K. Ninagawa, A. Jyoike, M. Kato, N. Imae, and H. Kojima. (2012) Thermoluminescence Study of Japanese Antarctic Meteorites XIV. 35th Symposium on Antarctic Meteorites (NIPR, Tokyo, Nov. 29-30)

  5. K. Ninagawa and N. Sugiura (2012) Cathodoluminescence of forsteritic olivines in a primitive chondrite, 3rd Asia Pacific Conference on Luminescenceand ESR dating: including non-dating applications(岡山理科大、岡山),2012年11月

  6. 蜷川清隆, 内川貴浩, 山本勲, 河野重範, 岡林徹 (2012) 地震予知のための洞窟中、大気中のラドン濃度基礎測定,日本地球惑星連合2012年大会(幕張メッセ、千葉),2012年5月

  7. 蜷川清隆, 田原吏, 西戸裕嗣, 河野重範, 湯川弘一, 野村律夫, Gucsik A., Bérczi Sz.:カソードルミネッセンスによる珪化木の微細組織分析, 2011 年度ルミネッセンス年代測定研究会(大分、別府)、2011年12月1日-12月3日

  8. 田原吏, 蜷川清隆, 西戸裕嗣:カソードルミネッセンスによるエンスタタイトコンドライトの累帯構造,第28 回ESR 応用計測研究会,2011 年度ルミネッセンス年代測定研究会(大分、別府)、2011年12月1日-12月3日

  9. 井上梓, 蜷川清隆, 今栄直也, 小島秀康:熱ルミネッセンス法による南極タイプ3普通コンドライトの研究,第28 回ESR 応用計測研究会,2011 年度ルミネッセンス年代測定研究会(大分、別府)、2011年12月1日-12月3日

  10. K. Ninagawa, A. Inoue, N. Imae, and H. Kojima (2011) Thermoluminescence Study of Japanese Antarctic Meteorites XIII, 34th Symposium on Antarctic Meteorites (NIPR, Tokyo), pp.60-61.

更新日: 2013年12月31日

---