2014年度に学生・教員が行った学会発表など

2014年度に学生・教員が主体となって行った学会発表は以下の通りです.
物理科学専攻,医用科学専攻ともに様々な学会や研究会で学生や教員が発表を行いました.

◆物理科学専攻

  • 黒部川現河床堆積物の石英のTL及びESR信号からみる堆積物の年変動
    吉田 真徳、豊田 新、蜷川 清隆、高田 将志、島田 愛子
    日本地球惑星科学連合2014年大会(パシフィコ横浜,横浜)
    2014年4月27日-5月2日

  • 長期海底ラドン濃度連続計測のためのNaIガンマ線分光装置の開発
    蜷川 清隆,豊田 新,藤原 泰誠,中川 益生,山本 勲,熊谷 英憲,木下 正高,久保 信
    日本地球惑星科学連合2014年大会(パシフィコ横浜,横浜)
    2014年4月27日-5月2日

  • 沖縄トラフ海底熱水域の熱水性鉱石中の重晶石のESR及び放射非平衡による年代測定
    藤原 泰誠,豊田 新,内田 乃,石橋 純一郎,中井 俊一,賞雅 朝子
    日本地球惑星科学連合2014年大会(パシフィコ横浜,横浜)
    2014年4月27日-5月2日

  • Mo合金への炭素添加による破断形態の変化
    角倉 孝典,平岡 裕,池ヶ谷 明彦
    粉体粉末冶金協会平成26年春季大会(早稲田大学,東京)
    2014年6月3日~5日

  • ESR, 226Ra-210Pb and 228Ra-228Th dating of barite in sea-floor hydrothermal sulfide deposits in the Okinawa Trough
    T. Fujiwara, S. Toyoda, A. Uchida, J. Ishibashi, S. Nakai, A. Takamasa
    Goldschmidt California 2014, June 8-13, 2014
    Sacramento Convention Center, Sacramento, CA, USA.

  • Quartz ESR signals for dating and for other applications
    S. Toyoda (invited)
    14th International Conference on Luminescence and Electron Spin Resonance
    July 6-11, 2014
    New Residence Hall of McGill, Montréal, Canada.

  • ESR dating of tephra with dose revoverty test for impurity centers in quartz
    M. Asagoe and S. Toyoda
    14th International Conference on Luminescence and Electron Spin Resonance
    July 6-11, 2014
    New Residence Hall of McGill, Montréal, Canada.

  • Multiple luminescence and ESR dating approaches to date Japanese marker tephra
    R. H. Biswas, S. Toyoda, M. Takada, Y. Shitaoka, N. Hamada, M. Asagoe
    14th International Conference on Luminescence and Electron Spin Resonance
    July 6-11, 2014
    New Residence Hall of McGill, Montréal, Canada.

  • Temporal change of TL and ESR signals in quartz extracted from Kurobe River sediments
    M. Yoshida, S. Toyoda, K. Ninagawa, M. Takada, A. Shimada
    14th International Conference on Luminescence and Electron Spin Resonance
    New Residence Hall of McGill, Montréal, Canada.
    July 6-11, 2014

  • ESR dating of barite in sea-floor hydrothermal sulfide deposits in comparison with 228Ra-210Pb and 228Ra-228Th ages
    T. Fujiwara, S. Toyoda, A. Uchida, J. Ishibashi, S. Nakai, A. Takamasa
    14th International Conference on Luminescence and Electron Spin Resonance
    July 6-11, 2014
    New Residence Hall of McGill, Montréal, Canada.

  • 高速イオン照射による炭素薄膜からの前方二次電子放出
    金子敏明、井原功介、宮原冬比等、田中涼、小川英巳
    第27回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会
    京都大学宇治キャンパス
    2014年7月4日

     

  • Investigation of the temporal change of the sources of aeolian dust deliverdd to Japan using electron spin resonance signals in quartz
    S. Toyoda, Y. Yamamoto, K. Nagashima, Y. Igarashi, R. Tada
    11th Annual Meeting, Asia Oceania Geosceinces Society
    July 28-Aug. 1, 2014
    Royton Sapporo Hotel, Japan.

  • 地球環境における物質移動の指標として石英中の常磁性格子欠陥を用いる試み
    吉田真徳,豊田新,蜷川清隆,高田将志,島田 愛子
    第9回先進原子力科学技術に関する連携重点研究討論会(茨城県三の丸庁舎 茨城)
    2014年8月5~7日 

  • 真空中におけるモリブデン材料からの炭素脱離挙動
    井戸 優喜,野村 昌充,平岡 裕,角倉 孝典
    日本鉄鋼協会・日本金属学会中国四国支部講演大会(徳島大学,徳島)
    2014年8月21日,22日
     
  • ヘリカル型炉FFHRにおけるダイバータ検討
    増崎 貴,時谷 政行,田村 仁,平岡 裕,室賀 健夫,相良 明男,
    田中 照也,渡辺 二太,後藤 拓哉,宮澤 順一,柳 長門
    第10回核融合エネルギー連合講演大会(つくば国際会議場,茨城)
    2014年8月21日,22日

     

  • ESR of quartz, barite and hydroxyapatite: Applications to dating and retrospective dosimetry
    S. Toyoda, M. Asagoe, T. Fujiwara, Y.Nakagawa (invited)
    International Conference on Luminescence and ESR dosimetry (LumiDoz8)
    Aug. 27-29, 2014
    Ankara University, Ankara, Turkey.

  • ESR, 226Ra-210Pb, and 228Ra-228Th dating of barite in sea-floor hydrothermal sulfide deposits in the Okinawa Trough
    S. Toyoda, T. Fujiwara, A. Uchida, J. Ishibashi, S. Nakai, A. Takamasa
    21st General Meeting of the International Mineralogical Association (IMA2014)
    Sep. 1-5, 2014,
    Sandton Convention Center, Sandton, South Africa.

  • 電子型の強誘電性を示す有機伝導体の分極ドメインイメージング
    山本 薫
    日本物理学会 2014年秋季大会
    2014年9月7日
    中部大学春日井キャンパス

  • 高速2原子クラスターイオンによる炭素薄膜からの前方二次電子放出
    金子敏明、田中涼、宮原冬比等
    日本物理学会 2014年秋季大会

    2014年9月7日 
    中部大学春日井キャンパス
  • 人の歯のエナメルを用いたESR線量計測の原理と最近の成果
    豊田 新
    日本放射線影響学会第57回大会(かごしま県民交流センター)
    2014年10月1-3日

  • 単一イオンおよび2原子クラスターイオン照射による炭素薄膜からの前方二次電子放出
    金子敏明、井原功介、宮原冬比等、田中涼、小川英巳、斎藤勇一、千葉敦也
    第9回高崎量子応用研究シンポジウム
    高崎シティギャラリー
    2014年10月9日

     

  • 高速2原子クラスターイオン衝撃による炭素薄膜からの前方二次電子放出
    田中涼、宮原冬比等、金子敏明、小川英巳
    量子理工学教育研究センター 第15回 公開シンポジウム
    京都大学宇治キャンパス
    2014年10月24日

     

  • Secondary Electron Emission from Thin Carbon Foils by Ion Beam Penetration
    Hidemi Ogawa, Kunikazu Ishii, Toshiaki Kaneko
    第15回「イオンビームによる表面・界面解析」特別研究会
    筑波大学研究基盤総合センター
    2014年12月6日

     

  • Forward Secondary Electron Emission from Carbon Foils induced by Swift Single Ion and Di-atom Cluster Ion
    Toshiaki Kaneko, Ryo Tanaka, Fuyuhito Miyahara, Hidemi Ogawa
    第15回「イオンビームによる表面・界面解析」特別研究会
    筑波大学研究基盤総合センター
    2014年12月6日

     

  • 高速2原子クラスターイオン照射による炭素薄膜からの前方方向への二次電子放出
    田中涼、金子敏明、小川英巳
    フォーラム21「イオンビームを用いた物理とその応用」研究会

    大阪教育大学天王寺キャンパス
    2015年1月10日

     

  • 物質を通過する高速クラスターイオンの平均電荷とエネルギー損失
    宮原冬比等、金子敏明
    フォーラム21「イオンビームを用いた物理とその応用」研究会
    大阪教育大学天王寺キャンパス
    2015年1月10日

     

  • Quantitative analysis with ESR signals and TL colors in quartz for mixture and provenance of river sediments
    S. Toyoda (invited)
    International Conference on Luminescence and Applications (ICLA2015)
    PES University, Bangalore, India.
    Feb. 9-12, 2015

  • 沖縄トラフ海底熱水域の海底熱水性鉱石中の重晶石のESRと放射非平衡を用いた年代測定法の比較
    藤原泰誠,内田乃,豊田新,石橋純一郎,戸塚修平,島田和彦,中井俊一,賞雅朝子
    平成26年度第39回フィッション・トラック研究会・ESR応用計測研究会・ルミネッセンス研究会合同研究会
    (山形大学)
    2015年2月27日-3月1日

  • ESR信号及びTL信号を用いた黒部川堆積物の特徴化
    吉田真徳, 豊田新, 蜷川清隆, 高田将志, 島田愛子
    平成26年度第39回フィッション・トラック研究会・ESR応用計測研究会・ルミネッセンス研究会合同研究会
    (山形大学)
    2015年2月27日-3月1日

  • Role of band-tail states of feldspar in anomalous fading of IRSL
    R. H. Biswas, P. Porthekai, and S. Toyoda
    平成26年度第39回フィッション・トラック研究会・ESR応用計測研究会・ルミネッセンス研究会合同研究会
    (山形大学) 2015年2月27日-3月1日

  • 歯のエナメルのESR線量計測における標準試料の比較
    豊田 新,中川裕貴
    平成26年度第39回フィッション・トラック研究会・ESR応用計測研究会・ルミネッセンス研究会合同研究会
    山形大学 2015年2月27日-3月1日

  • 海底放射線・長期変動測定のためのNaIγ線計測装置の開発と最初の測定
    蜷川清隆・大谷智洋・豊田新・藤原泰誠・中川益生・山本勲・熊谷英憲・木下正高・久保信・芦寿一郎
    平成26年度第39回フィッション・トラック研究会・ESR応用計測研究会・ルミネッセンス研究会合同研究会
    (山形大学)
    2015年2月27日-3月1日

  • Faddeev calculation of K- d→πΣn reaction in the Λ(1405) resonance region
    K. Miyagawa,
    Institute for Nuclear Physics (IKP), Julich,
    (ドイツ、ユーリッヒ核物理研究所での招待講演)
    March 5th, 2015

     

  • 沖縄トラフ海底熱水域の海底熱水性鉱石中の重晶石のESRと放射非平衡を用いた年代測定法の比較
    藤原泰誠,内田乃,豊田新,石橋純一郎,戸塚修平,島田和彦,中井俊一,賞雅朝子
    ブルーアース2015(東京海洋大学)
    2015年3月19日~20日

  • 海底環境放射線・長期変動測定のためのNaIγ線計測装置の開発と最初の結果
    蜷川清隆,大谷智洋,豊田新,藤原泰誠,中川益生,山本勲,熊谷英憲,木下正高,久保信,芦寿一郎
    ブルーアース2015(東京海洋大学)
    2015年3月19日~20日 

  • Faddeev法によるΛ(1405)共鳴領域におけるK- d → πΣn反応の解析
    宮川 和也,J. Haidenbauer
    日本物理学会 第70回年次大会, 早稲田大学
    2015年3月21-24日
     
  • ハイパートリトンのΛnnモデル(T=1)のファデーエフ計算
    鎌田 裕之,宮川 和也
    日本物理学会 第70回年次大会, 早稲田大学
    2015年3月21-24日

     

  • 高速2原子クラスターイオン照射によって炭素薄膜から前方方向へ放出された二次電子のエネルギースペクトル
    金子敏明、田中涼、宮原冬比等、小川英巳
    日本物理学会 第70回年次大会, 早稲田大学
    2015年3月21-24日

◆医用科学専攻(2015年度から臨床工学専攻に名称変更)

  • PCオシロスコープを用いたAED対応型除細動器エネルギーテスタの試作
    堀 純也,三木 祥平,杉岡 竜馬,十鳥 早矢,堀次 咲貴,江口 克彦,芝 真太郎
    第24回日本臨床工学会(仙台国際センター,宮城県)
    2014年05月11日
     
  • パターンオンセット刺激による視覚誘発反応の起源
    畑中 啓作,橋上 直史,小野 貴弘,金安 拓也,戸嶋 広,真鍋 祥,橋詰 顕,栗栖 薫
    第29回日本生体磁気学会(大阪)
    2014年05月29日-30日
     
  • AEDのパッド間に水分がある場合にエネルギーを出力した際の安全性に関する研究
    堀 純也,芝 真太郎,三木 祥平,杉岡 竜馬,堀次 咲貴,十鳥 早矢,江口 晃彦,伊藤 有加
    第89回日本医療機器学会(朱鷺メッセ,新潟県)
    2014年06月13日
     
  • 人工透析液から析出する炭酸カルシウムのマイクロバブルを利用した除去効果の温度依存性
    山下 香織,長崎 卓也,伊藤 有加,堀 純也
    混相流シンポジウム2014(道民活動センター「かでる2・7」,札幌市)
    2014年07月28日
     
  • Visual evoked magnetic fields elicited by checkerboard pattern-onset stimulations
    Keisaku Hatanaka, Naofumi Hashiue, Akira Hashizume, Kaoru Kurisu
    BIOMAG2014(Halifax,CANADA)
    AUG24-28,2014
     
  • 化学平衡モデルを用いた非トランスフェリン結合鉄の特性
    川端晃幸、庄司哲也、有田大祐、福海直幸、浅原佳江
    日本鉄バイオサイエンス学会第38回学術集会(仙台国際センター、宮城県)
    2014年9月6日-7日
     
  • The simulation for the time dependences of urea concentrations in hemodialysis by using the 2-pool model with chemiluminescence based urea sensor
    Y. Morimoto, Y. Asahara, M. Fujinaka, M. Ozaki, J. Hori, and M. Nakagawa
    International Society for Blood Purification and Therapeutic Apheresis Academy 2014 Joint Conference
    Gaylord National Resort and Convention Center, National Harbor, Maryland, USA,
    September 18-22, 2014
     
  • The evaluation of numerical simulation based on 2-pool model by experimental simulation of dialysis
    J. Hori, Y. Asahara, T. Okabayashi, M. Ozaki, M. Nakagawa
    International Society for Blood Purification and Therapeutic Apheresis Academy 2014 Joint Conference
    Gaylord National Resort and Convention Center, National Harbor, Maryland, USA,
    September 18-22, 2014
     
  • The difference in removal of various solutes between pre and post-dilution on-line HDF
    M. Fujinaka, Y. Morimoto, M. Ozaki, J. Hori, Y. Nagake, and M. Nakagawa
    International Society for Blood Purification and Therapeutic Apheresis Academy 2014 Joint Conference
    Gaylord National Resort and Convention Center, National Harbor, Maryland, USA,
    September 18-22, 2014
     
  • 血液側および透析排液側から求めた尿素クリアランス K の比較検討
    森本 悠真,尾崎 眞啓,中川 益生,堀 純也,林 国人
    第23回中国腎不全研究会(広島国際会議場,広島市)
    2014年10月26日
     
  • 透析終了後および返血終了後における BUN,β2-MG,α1-MG濃度の時間変化
    藤中 正樹,林 国人,堀 純也,尾崎 眞啓,中川 益生
    第23回中国腎不全研究会(広島国際会議場,広島市)
    2014年10月26日
     
  • AEDの使い捨てパッドに低温環境が与える影響
    堀 純也,森本 悠真
    第43回日本医療福祉設備学会(東京ビックサイト,東京都)
    2014年11月13日
     
  • 透析治療における溶質濃度の時間変化特性の解析
    嶋田 勝仁,浅原 佳江,中川 益生
    第4回中四国臨床工学会(松山市総合コミュニティセンター,愛媛県松山市)
    2014年11月15日
     
  • ダイアライザのクリアランスに対する内部濾過の影響
    高田 龍弥,中川 益生,浅原 佳江
    第4回中四国臨床工学会(松山市総合コミュニティセンター,愛媛県松山市)
    2014年11月16日
     
  • 2プールモデルに基づく透析中尿素濃度変化のモデル実験
    市村 領佑,浅原 佳江,中川 益生
    第4回中四国臨床工学会(松山市総合コミュニティセンター,愛媛県松山市)
    2014年11月16日
---