4年生が中四国臨床工学会で研究発表,教員は発表で最優秀演題賞を受賞

Photo01Photo02

 2017年11月25日(土)~26日(日)に海峡メッセ下関で開催された第7回中四国臨床工学会に応用臨床工学研究室の4年生6名が参加し,研究発表を行いました.発表が終わると,現場で活躍されている臨床工学技士の方の質問に緊張しながらも応えていました.
 今回は応用臨床工学研究室の堀 准教授の発表が事前審査でBPA(Best Presentation Award)の候補にノミネートされており,当日の審査の結果,最優秀演題賞に選ばれました.

 学会では,応用物理学科の卒業生も多く参加し,演題発表も行っていました.卒業生のみなさんもそれぞれの専門領域で活躍している様子がうかがえました.
 また,学会初日の夜には,先生と一緒に下関のおいしい魚介類を食べながらお疲れ様会を行い,鋭気を養いました.

Photo03

---