大学院生が日本病理学会で発表しました

small_R

 

 

 

 

 

2018年6月21日~23日に札幌で第107回日本病理学会総会が開催されました。
その学術集会にて、応用物理学専攻大学院生の川口さんが”PC12細胞の神経細胞分化に伴う鉄輸送タンパク質のmRNAsの検討”というタイトルで発表しました。
2000人を超える多数の参加者のある全国大会で、初めはやや緊張気味でしたが、しっかり落ち着いて発表ができました。

---