溶接学会秋季全国大会に平岡教授と野﨑君が研究発表

107_image_1

2012年9月26日~28日の間、古都奈良で平成24年度秋季全国大会が開催され、大会期間中延べ400名以上の研究者や技術者が集まりました。本学科から平岡教授と野﨑君(修士2年)の二人が参加し、2件の研究発表をしました。野崎君の場合、発表にかかった時間が少々短めであったため、発表後の議論の時間が十二分に与えられました。そのため発表内容について質問攻めに合い、本人曰く「驚くほどたくさんの質問をいただいたが、普段、専門の方々からご指摘やご助言を頂く機会が少ないのでありがたかった」とのことでした。

---