大学院生の井原君が日本物理学会で口頭発表

2013年9月25日(水)から28日(土)に徳島大学常三島キャンパスで開催された日本物理学会2013年秋季大会において、応用物理学専 攻修 士2年の井原功介君が、領域1の放射線物理分科で「高速軽イオン衝撃によって炭素薄膜から放出される二次電子のエネルギー分布」の題目で約15分 間(質疑応答を含む)の口頭発表を行いました。井原君は「質疑応答で答えられなかった点を学習したい」と述べていました。

---