大学院生がOUSフォーラム2013に出展

OUSフォーラムに出展した山下さん

OUSフォーラムに出展した山下さん

 2013年11月22日(金)に岡山プラザホテルで開催されたOUSフォーラム2013に大学院生の山下さんと堀講師が「マイクロバブルによる人工透析装置の洗浄効果の検討」という研究について出展しました.この研究は微細気泡発生装置を開発している(株)アスプと連携をしながら行っているものです.

 発表では,透析液から析出する炭酸カルシウムをマイクロバブルによって洗浄しようという試みに関する現状報告がなされました.マイクロバブルとは直径が数十ミクロン以下の微細気泡の事で最近ではナノバブルとあわせてファインバブルとも言われているものです.気泡表面が負に帯電しており,通常の泡と違ってすぐに消えること無く水中に長時間滞在することから,工業分野でも洗浄などに応用されつつあります.

 山下さんは現在,修士課程の研究テーマとしてマイクロバブルを使った洗浄効果について水温やマイクロバブルの発生方法をかえながら最適な洗浄条件を探る研究を行っています.

 

 

---